レンタルオフィスを利用する時は防音性がしっかりしている物件を選ぶ必要があります。部屋の中に雑音が常に入ってくると仕事に支障が出てしまう事も多いので困ってしまいます。それですぐに契約を解除してしまう人も少なくありません。そこで防音性の高いレンタルオフィスはどのように選べばいいのか確認していきましょう。

・築年数が少ない

レンタルオフィスは築年数が経過している方が賃料が安いですが、外壁など劣化しているので防音性が低下しています。それで部屋の中に雑音が入ってくる事が多くなるので築年数が少ないレンタルオフィスの方が防音性が高いです。

・完全個室型

レンタルオフィスはオープンスペース型と完全個室型があります。外壁に関してはそれほど変わりませんが、内装に関しては防音性が変わってきます。完全個室型は防音施工をして建築されているのでオープンスペース型より防音性が高いです。防音性の高いレンタルオフィスを選ぶ時はオープンスペース型より完全個室型にした方がいいです。