切れ毛が増えてくるととりあえずカットしに行くようにしています。
傷んだ部分だけカットしてもらうようにお願いすれば、伸ばしかけの髪の長さはある程度保持したままで傷んだ部分を上手にカットしてもらえます。ただし切れ毛の量がかなり多い場合は、やはり長さが変る形でしかカットできない事もあります。美容室で相談しながらカットしてもらいましょう。
カットしない状態で傷んだ部分がもとに戻るという事はないので、傷んだところをカットしたほうが次にきれいな髪を育てやすくなります。同じケアを続けていると再度傷んでしまうので、ケアを見直す事も大事です。
一番良いのはシャンプーやトリートメントを変える方法です。あとはブラッシングの方法、ドライヤーの使い方を見直すと髪がきれいになっていきます。
シャンプー選びのコツは、ノンシリコンである事や洗浄成分がアミノ酸系の成分で頭皮に優しいものです。
スカルプケアも同時にできるものであれば、頭皮の脂汚れもしっかり落とせるのでおすすめです。
乾かす時は素早く乾かすようにするのが髪に優しい乾かし方です。熱を長くあてると切れ毛や枝毛ができやすいので
素早く乾かせるようにしましょう。吸水性のあるタオルで先に髪の水分を吸い取ってあげるとドライヤーの時間を短縮できます。心がけ次第で髪の質が変わりますのでぜひ試してみて下さい。